[Triste realidad]人間が飼育・飼育している動物が「野生」に戻る確率はどれくらいですか? | 絶滅していない動物| DiamondOnline

テレビやオンラインで動物の絶滅に関するニュースを見ると、多くの人が本能的に動物を守りたいと感じています。 実際、自然保護の分野では、動物の絶滅を防ぐためにさまざまな取り組みが行われています。
しかし、人間の技術で絶滅した種を復活させたり、絶滅危惧種を保護して繁殖させたりすることはできません。それは本当に「正しい」行為ですか?この問題に正面から取り組んだのは、アメリカのジャーナリストMRオコナーの本でした。「絶滅できない動物」です。
この本歯、「絶滅を防ぐのは『良い』ですか?」これは、倫理的な質問に焦点を当てたユニークなノンフィクションであり、Twitterでよく話題になります。 記事上で、この本のコンテンツの一部から抽出および編集「ワイルド」に戻るチャンス明らかな。 (作曲/根本隼)

[Triste realidad]人間によって飼育され育てられた動物が戻ってくる確率はどれくらいですか? 写真:Adobe Stock

動物園や水族館は絶滅危惧種から動物を救います

保護の手段としての飼育下繁殖には賛否両論があります。 しかし、今のような気持ちは否めません。動物園や水族館は、長年にわたって絶滅危惧種の世話人でした。

カリフォルニアコンドル、アメリカシロヅル、クロアシイタチ、アラビアオリックス、ワニのトカゲはすべて、生物学者が適切に管理された環境に持ち込んだため、差し迫った絶滅の危険を免れました。 このような環境では、生物学者はこれらの集団と遺伝物質を管理することができました。

種の保存則から

スミソニアン国立動物園の名誉研究者であるクリス・ウェマー氏は、1973年以来、「動物園のディレクターとして収集した動物を管理する以上のことをしたいという人がますます増えています」と述べています。 「人間は野生動物を救うことができるという信念は強かった。」

* 1973年の種保全法:動物と植物を絶滅の危機にさらし、「美的価値、生態学的価値、教育的価値、楽しみの価値、植物と動物の科学者」を破壊する危険にさらす法律が米国で可決されました。

しかし、多くの場合、飼育下繁殖の支持者は非常に熱心で、「各種の要件を検討していませんでした。目標は飼育下繁殖そのものでした。自然環境や野生生物を心配している人たち。私は本当にうんざりしていました。それ。”

飼育下で飼育されている動物が「野生生物」に戻る確率はどれくらいですか?遺伝的適応度の喪失

それは飼育下繁殖個体群の初期に発生し、数世代にわたって発生し、子孫を失う可能性が高い。 飼育下の状態では、形質の選択は集団内で行われ、この環境での生存率は増加しますが、

野生の生存率は増加しません。*遺伝的適応度:生殖年齢まで生き残った個体から生まれた子孫の数によって測定されますほとんどの飼育下繁殖プログラムの目的は、再導入することです

動物ですが、飼育下で飼育されている動物は実際には自給自足です。

「野生」に戻ったケースはごくわずかです。人間のパイロットはまだアメリカシロヅルの動き方を教えていません。

*再導入:過去に住んでいた地域で絶滅危惧種または絶滅危惧種を復活させようとしています。

両生類に関しては、再導入の成功率は劇的に低下します。ある研究では、飼育下繁殖後に再導入された58種のうち

18種は野生で安全に成長することができ、そのうち13種は独立することができました。

実際、飼育下繁殖プログラムの下で飼育された110種のうち、52種はそもそもそれらを再導入する計画がありませんでした。 これらの種が住んでいた生態系は姿を消しました。

野生に戻れない場合でも、種は生き残る必要がありますか?

動物が生まれ育った場所で飼育する生息地保全方法の支持者は、再導入計画なしで飼育下繁殖が最も致命的であると言います。 絶滅のリスクを可能な限り減らすために、焦点は環境よりも動物を救うことにあります。テネシー州オースティンピー州立大学の環境倫理学教授であるマーク・マイケル氏は、「動物を再導入できるかどうかはわからない」と述べた。 「多くの環境保護論者は、 『野生から種を捕獲する場合、それを再導入する機会がほとんどないのであれば、捕獲すべきではない』と言っています。」しかし、飼育下繁殖の支持者は、種子を消すよりも、地球上で種子を生かしておく方がよいという考えを持っています。 動物園に残された動物は、マイケルが言うように、基本的に「眼鏡」として扱われます。


(このアイテムは

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*