Snow Man 宮舘亮太と渡辺翔太、「百合組」が支持される理由とは? 「ためすの」の特別出演を考える – Real Sound | リアルサウンド

Snow Manの宮舘亮太と佐久間大輔が毎週火曜朝のバラエティ番組『ラビット!ジャニーズなにわ男子・道枝駿佑がゲスト出演し、SNSを中心に大反響を呼んだ番組だったが、放送前日に発表があり、視聴者を大いに沸かせた。西武園ゆうえんちのロケ地は、イレギュラークラウンコーナー「ためすの」の第6弾で放送されます。

宮舘と渡辺は、生まれた病院から大学までずっと一緒だった幼馴染。 通っていた幼稚園の先輩が「ゆり組」だったことから、ファンには「ゆり組」という合名でおなじみの2人。 ちなみに、今回の渡辺の出演は体調不良だった佐久間の代打だったが、宮舘・渡辺に佐久間を加えた3人は東京都江戸川区出身であることから「江戸川トリオ」とも呼ばれている。 9人の大家族グループであるSnow Manは、メンバーの様々な組み合わせでメディア出演の機会もあるが、この3人での出演は少ないため、今後の活躍に期待したい。 Ravitの江戸川ロケについて!?)。

佐久間に代打を打った渡辺選手が渡辺選手を迎え、開会のあいさつからバラエティーでの2人の個性がよく出ていたと思います。 宮舘が先に登場。 計算された視野角でコーナーのタイトルコールを決め、「夏休み!」の一言でタチ様の世界へ誘います。 その後、渡辺選手は元気よく敬礼して登場したが、飛行機の音が聞こえてやり直し。 アクロバット、ダンス、アクション、料理…なんでもこなす宮舘さんは、近年独特の語感といつもの「タテ様キャラ」が広がり、テレビ番組で数々の印象を残しています。 . 品種の。 一方、ジャニーズ随一の美少年として華麗な演技を披露し、グループ内で歌唱を駆り立てる美声の持ち主である渡辺は、バラエティの限りでは惜しい役を演じさせられたことを喜ぶ。 対照的な2つのバラエティー番組の“いいところ”が詰まった心温まるオープニングとなった。

その後、宮舘は、一緒にその場を見学した広瀬すえと話を続けた。 渡辺もいきなり「ラビット!」と笑うよう求められるが、初めて西武園ゆうえんちを楽しんだ様子。また、VTRを見ていた佐久間が明かしたように、渡辺も「元気なキャラクター」で、バイキング人気アトラクション体験では、表情もさわやかでシャウトも爽やかで、自分の魅力を十分に発揮できたようだ。隣でリラックスした笑顔を浮かべ、車に乗り込むことを決めた宮舘との対比も面白かった。

.

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*