GaN技術を進化させ、小型化とマルチチャージを実現したAnker「GaNプライム」シリーズ–PCウォッチ

充電器735(GaN Prime 65W)

アンカー26日には、窒化ガリウム(GaN)技術をさらに推進し、マルチデバイスの小型化と充電を実現したフラッグシップ技術「GaNプライム」を発表しました。 これを搭載した6つの充電器製品が宣伝されました。

GaN Primeの特徴は、1つに統合されたGaN関連の電源ICが意図的に複数の部分に分離されていることです。 1つの大きなICを複数の小さなICに交換することにより、理論的には取り付け面積が増加しますが、ボードレイアウトの柔軟性が向上します。 同社独自の「PCBA3Dスタッキング技術」は、空間を立体的に利用し、基板や電子部品のレイアウトを設計し、複数のポートを搭載しながら内部のスペースデブリを排除することで小型化を実現しています。

たとえば、同社の「GaNII」技術を採用した「NanoII 65W」は、約44 x 42 x 36mm(W x D x H)/約112gで、ポートは1つしかありませんでしたが、「735 Charger(GaN Prime) GaNプライム「65W)」を採用したものは、約66×38×29mm(上記と同じ)/約132gで、USBType-Cが2ポート、USBType-Aが1ポートで、サイズの増加を抑えながら複数のポートを実現します。可能な限り…

GaN Primeは、同様の電源IC構成と小型化技術を採用している場合でも、複数のポートを備えたモデルにのみ付与されるマークであり、単一のポートを備えたモデルにはこのマークが付けられます。 そのようなことはない。 GaNプライムを実現するために、インフィニオンなど5社の電源会社と提携し、共同開発したと言われています。

電源ICを意図的に複数の部品に分割することにより、基板レイアウトの自由度が向上し、PCBAの独自の3Dスタッキングによってスペース効率が達成されます。

GaN Primeは、複数のポートを備えた製品にのみ付与されるブランドです。

これに加えて、GaNプライムシリーズには「ActiveShield2.0」と呼ばれる恒温制御システムが搭載されています。 温度監視回数を2倍の1秒あたり35回とし、電池寿命を最大限に延ばし、温度による出力制限などの操作により、過度の温度上昇を抑えます。 また、負荷がかかった状態で表面温度を77°C未満に保つ国際安全規格IEC62368-1にも準拠しています。

さらに、各ポートに接続された機器の必要電力を検知して動的に変化させる動的配電機能を搭載し、充電効率を最大限に高めています。

ActiveShield 2.0で監視量を2倍にするなど、セキュリティの向上

動的配電により、デバイスに必要な電力を動的に変更できます

GaNプライムシリーズ

充電器735(GaN Prime 65W)

735充電器(GaN Prime 65 W)(上の写真)および737充電器(GaN Prime 120 W)(下の写真)

735充電器(GaN Prime 65W)は、USBType-Cポート2個とUSBType-Aポート1個を搭載したモデルで、すでに予約受付を開始しており、8月29日より一般販売を開始します。 価格は7,990円です。

USBType-Cの最大出力は65W、USBType-Aの最大出力は22.5Wです。最大2つのポートを同時に使用できます。

737充電器(GaN Prime 120W)

737充電器(GaN Prime 120W)

「737充電器(GaN Prime 120W)」も、USBType-Cポート2個とUSBType-Aポート1個を搭載したモデルで、すでに予約受付を開始しており、8月29日より一般販売を開始します。 価格は12,990円です。

USB Type-C出力は最大100W、USB Type-A出力は最大22.5W、合計最大出力は120Wです。本体サイズは約80 x 43 x 32mm(上記と同じ)、重量は約187gです。

375と737の両方に2つのUSBType-Cと1つのUSBType-Aがあります

充電器747(GaN Prime 150W)

充電器747(GaN Prime 150W)

「747充電器(GaN Prime 150W)」は、USBType-Cが3つとUSBType-Aが1つ搭載されたモデルです。 9月中旬より一般販売を開始する予定で、価格は14,990円。

USB Type-Cの最大出力は100W、USB Type-Aの最大出力は22.5W、最大合計出力は150Wです。本体のサイズは約68 x 61 x 31mm(上記と同じ)で、重さは約232gです。

733パワーバンク(GaN Prime PowerCore 65W)

733パワーバンク(GaN Prime PowerCore 65W)

「733パワーバンク」は、10,000mAhのバッテリーと合計65WのUSBACアダプターを統合した充電器です。モバイルバッテリーとして使用した場合の出力は30Wです。 すでに予約を開始しており、8月29日より一般販売を開始します。 価格は14,990円です。

2つのUSBType-Cポートと1つのUSBType-Aポートを装備。充電器として使用する場合、最大出力はUSB Type-Cで65W、USB Type-Aで22.5W、合計最大出力は65Wです。バッテリーとして使用した場合の出力は、USB Type-Cの場合は30W、USB Type-Aの場合は22.5W、複数のポートを使用した場合は15Wです。

727充電ステーション(GaN Prime 100W)

727充電ステーション(GaN Prime 100W)

「充電ステーション727(GaN Prime 100W)」は、2つのUSB Type-Cポート、2つのUSB Type-Aポート、および2つのACコンセントを備えた電源コネクタが統合されたUSB充電器です。 すでに予約を開始しており、8月29日より一般販売を開始します。 価格は12,990円です。

ACコンセント部はプラグ挿入時に現れるトリックを使用し、本体の厚みを18mmに抑えています。 USB Type-Cの最大出力は100W、USB Type-Aの最大出力は1ポートを使用した場合は12W、合計最大出力は2ポートを使用した場合は15Wです。 本体サイズは約161×79×18mm(同上)、重さは約400g。 ケーブル長は約1.5mです。

充電ステーション727(GaN Prime 100W)ACは、プラグを差し込むとベースを持ち上げて、奥行きの不足を補います

USBストリップ615(GaN Prime 65W)

USBストリップ615(GaN Prime 65W)

「615USBPowerStrip(GaN Prime 65W)」は、USB Type-Cポート1つ、USB Type-Aポート1つ、ACコンセント1つを備えた電源タップ一体型USB充電器です。 8月29日より一般販売を開始します。 価格は6,990円です。

USB Type-Cの最大出力は65W、USB Type-Aの最大出力は12Wです。2つのポートを同時に使用する場合、USB Type-Cの最大出力は63W、最大出力はUSBの最大出力です。 Type-C + Type-Aは57Wで、すべてのポートを同時に使用する場合、最大出力は62Wです。 本体サイズは約119×59×47mm(同上)、重さは約300g。

767ポータブル発電所(GaN Prime PowerHouse 2048Wh)

767ポータブル発電所(GaN Prime PowerHouse 2048Wh)

「767ポータブル発電所(GaN Prime PowerHouse 2048Wh)」は、世界初のGaN搭載ポータブル電源です。 セールは2022年冬頃に開始される予定で、価格はまだ決まっていません。

リン酸リチウムイオン電池を採用することで、約6倍の長寿命を実現しています。 バッテリー容量は2048Whで、iPhone13は約147回充電できます。 出力ポートは、ACコンセントx 6、USB Type-C x 3、USB Type-A x 2、タバコソケットx2です。

各製品の発売日と価格

また、2022年冬に発売される「Anker 749 Charger(GaN Prime240W)」というモデルが発表されました。

..

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*