[.Biz]エプソンは、21年ぶりに紙厚自動検出機能を搭載したインパクトドットマトリックスプリンターをリニューアルしました。 大幅なスペース節約-PCウォッチ

VP-F2400

エプソン「VP-F2400」と「VP-F2100」の106桁横型ドットインパクトプリンターと「VP-F2400N」と「VP-F2100N」のネットワークインターフェースモデルを9月5日に発売します。 価格はそれぞれ151,800円、129,800円、168,300円、146,300円です。

VP-F2400 / VP-F2400Nは、2001年1月に発売された現行モデル「VP-2300」の後継モデルで、約21年ぶりに刷新されました。 使用する紙の厚さに応じて自動的に紙の厚さを調整する「自動紙厚検出機能」を搭載。 連続紙で最大12インチ幅、シングルカット紙でA4横幅まで送り込める106桁のプリンターがコンパクト・省スペース化を実現し、設置面積はVP-2300に比べ76.8%。 。

ピンレイアウトは24ピンで、解像度は180dpiです。 インターフェイスはUSB、パラレルポートです。 本体のサイズは480×301×211mm(幅×奥行き×高さ)で、重さは約6.7kgです。

さらに、VP-2300はWindows9xシリーズおよびWindows3.1とも互換性があります(仕様表には記載されていませんが、利用可能なドライバー配布)、VP-2400はWindowsXP以降と互換性があります。 一方、MS-DOSはサポートされています。

VP-F2100 / VP-F2100Nは、紙の厚さを手動で調整し、単一のフォームを使用するのに適したモデルです。 現在のVP-F2000モデルの機能を継承し、ネットワークインターフェースを備えたモデルを追加しました。 その他の仕様はVP-F2400/VP-F2400Nとほぼ同じです。

同社はまた、この冬に「PLQ-50S」94桁水平ドットインパクトプリンターを発売する予定です。 価格はオープン価格です。

PLQ-50S

PLQ-50Sは、A4などの標準用紙や小冊子などの小冊子の印刷に対応したシングルカット紙専用モデルです。 斜めにセットされていても、自動的に給紙位置を補正する「イージーアジャスト機能」を搭載しています。

現在のPLQ-30Sに比べて高速な印刷に加え、1.44インチのカラー液晶パネルにより操作性が向上しています。

..

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*