長谷川潤が涙を流す「結婚はバラバラ」「いつも泣く」離婚前を振り返る-モデルプレス

モデルの長谷川潤は23日にInstagramを更新し、涙を流しながら多くの声が聞かれました。

長谷川潤「いつも泣いていた」離婚当時の回想

長谷川さんは両目から涙を流している自分の写真を付け加え、「これはたった4年前。インスタグラムや美しく編集された写真ではなく、私の体験のページをあなたと共有したい。私はそうした」と語った。

長谷川潤モデルプレス(C)
長谷川潤モデルプレス(C)

長谷川は2011年6月にハワイ在住の将軍と結婚し、2012年12月に最初の子供となる女の子と2014年9月に2番目の子供となる男の子を出産した。その後、2019年5月に離婚を発表し、 2021年2月の新婚ですが、この写真については、「当時の結婚生活は崩壊し、ご覧のように、生き生きともろく震え、怖くて心が壊れて、私は完全に自分を見失った」と彼は離婚前に説明し、当時の精神状態は良くなかったと説明した。

長谷川潤モデルプレス(C)
長谷川潤モデルプレス(C)

「いつも泣いていたので、毎日目が赤くてふくらんでいた」と彼女は毎日泣いた時のことを言った。 それだけでなく、左まぶたが腫れて食欲を失ったからです。 体重が減った。 そして体力を弱め、「倦怠感や不安感を呼び起こすネガティブスパイラル」に陥りました。

長谷川潤モデルプレス(C)
長谷川潤モデルプレス(C)

そんなことから立ち直りつつある今、振り返ってみるとようやく言えることがある。一歩一歩、本当に遅かったが、それは辛くて辛いことだけだった」と語る。 私は本当に自分を大切にしました。 私は物事を成し遂げる方法を学びました」と彼女は説明し、その経験から「自分の世話をする」ことを学びました。 。 私はここにいます'”。

彼は長谷川潤のメッセージを繰り返した

長谷川潤モデルプレス(C)
長谷川潤モデルプレス(C)

「それで、今日、私はあなたにその痛みの反対側からの手紙を書きたかった」と彼は言って、この投稿の理由を明らかにした。 「私はひらひらしていますが、私の将来は再び私の腕を開き、私は開いています! 「、その時の彼自身の状態の変化を見事に告白します。

長谷川潤モデルプレス(C)
長谷川潤モデルプレス(C)

文章の終わりに、温かく呼びかけます。「そして、誰かが今悲しんでいる、または失っているなら、覚えておいてください。あなたの心はあなたに非常に近いので、あなたは一人ではありません。」

長谷川潤モデルプレス(C)
長谷川潤モデルプレス(C)

この投稿に応えて、コメントセクションにはたくさんのコメントが寄せられました。 篠田麻里子さんから「勇気があり、人が見ているのを見る!いつも大好き」というメッセージが届きました。 「今、心に響きました。」 「はっきり言ってくれてありがとう。」 多くの声。 「勇気があります」「ずっと応援してきました」のように集まってきました。 (Modelpress編集部)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*