米国のヘッドラインPMIは7月に47.5に急落し、約2年ぶりに50を下回りました。 ロイター

S&Pグローバルが22日に発表した7月の米国購買担当者指数(PMI)の暫定値は47.5で、6月の修正値である52.3から減少し、景気拡大と縮小のマイルストーンを示しました50。約2年ぶりに下落しました。年。 2016年9月に撮影(2022年ロイター/ブライアンウールストン/ファイル写真)

[22日 ロイター] -米国購買管理者指数(PMI)50の暫定値は、約2年ぶりに発表されました。

製造業は緩やかな成長を続けたものの、サービス業は大幅に減速し、高インフレ、金利上昇、消費者マインドの悪化により景気が停滞したことを示唆しています。

減少は4ヶ月連続で7月でした。 サービス産業のPMIの低下は顕著で、前月の52.7から2020年5月以来の最低レベルである47.0に低下しました。

一方、製造業のPMIは52.7から52.3に低下しました。 それはまだ50マイルストーンを上回っていますが、2008年7月以来の最低レベルです。

ロイターがまとめたエコノミストの予測は、サービス業のPMIで52.6、製造業のPMIで52.0でした。

S&Pグローバルマーケットインテリジェンスのチーフビジネスエコノミストであるクリスウィリアムソンは、次のように述べています。 「パンデミック後の封鎖期間を除いて、2009年の世界金融危機以来見られなかった速度で生産が減少している」と彼は言った。

..

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*