大谷翔平「5日でしばらく投げる」 104年ぶりの快挙達成してもフルローテーションか | フルアカウント

世話人マネージャーのネビンは「彼がスケジュール通りにとどまることを望んでいる」

■エンジェルス・アスレチックス(日本時間4日、アナハイム)

エンゼルスの大谷翔平投手は、3日目(日本時間4日、10時38分キックオフ)のホームトラックゲームに「2番・投手兼指名打者」として出場する。 彼が勝てば、1918年のベーブ・ルース(当時のレッドソックス)以来、104年ぶりに両リーグの2ケタ勝利と2ケタ本塁打を達成することになる。試合前、フィル・ネビン暫定監督は「将来のスタート日と、チームの休日を含む休息日に関する」と試合前に述べた。

シーズン当初から6日おきにリリースすることが多かったが、指揮官は「これからは5日でリリースする。それが彼のやりたいことだ。彼は間に合う。私はなりたい、そして私はそうする権利を獲得した」と述べた。 シーズン終盤に向けてフルローテーションとなる。

チームは2(3)から10試合連続出場。 11日目(12日目)は試合を行わず、6試合終了後の18日目(19日目)は再び休養日となります。 ネビン暫定監督は「将来的には休みがあるので、先発メンバーの1人か2人を入れ替える必要があるかもしれないが、現時点では5日で登板する予定だ」と語った。 苦戦するチームを少しでも救えるよう、「エース大谷」がローテーションを担当する。

(コンプリートアカウント編集部)


.

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*