危険な投資に巻き込まれないようにするためにあなたがしなければならないこと。 TKO木本「投資問題」が報告されました| HuffPost

彼は投資問題の真っ只中にあり、彼の代理店を去ったと報告されました。

木本武宏のコメディコンビネーション「TKO」のテーマが広まっています。

7月23日、木本氏が所属する「松竹芸能」事務所から「TKO木本武宏について」とのコメントがありました。出版物..木本さんに希望があったため、木本さんとの契約が終了したことが明らかになりました。

いったい何が起こったんだ? Office「まだ全体像を把握していません」

事情については、「7月上旬に個人投資活動に支障があるとの情報をいただいたため、本人にインタビューを行っております。「一部の情報は入手できましたが、全体像は把握できませんでした。」

「投資問題」の内容については、「自社でも情報収集を行っておりますが、どのような問題が発生しており、ご不便をおかけしておりませんか?」 たとえば、彼が被害者であるかどうかなど、私たちはまだ全体像を把握していません。 「」

一方、木本氏は「内容によっては、関連する番組や取引先等にご迷惑をおかけする可能性があると判断し、事前にアーティストの変更をお願いした」と述べた。 彼はショーの出演を一時停止するなどの活動を控えていた。

この日、木本さんも自分のツイッターを投稿しました。更新する..「今回は騒ぎ立ててごめんなさい」と謝罪した後、彼は代理店を去ったと報告した。 「近い将来、問題の状況を確実に説明する」と彼は付け加えた。

あなたは投資の話を思いついたのですか? 「5億円以上」という報告もあります

木本さんは7月21日、「親密な関係にあるタレントやアーティスト、スタッフに投資や資金調達について話を聞いたが、投資先の人には連絡が取れなかった」などと語った。 。。報告..

木本さんの募金は「5億円以上」と報じられ、コメディーコンビネーション「平成のぶしこぶし」の吉村崇さんも投資していた。それか..

どうすれば危険な投資の話に巻き込まれるのを避けることができますか?

木本氏はまた、投資を預けた人に対して訴訟を起こすよう努めています。報告しかし、「投資問題」の全体像は明らかにされていません。

木本氏がアプローチした投資プロジェクトは、仮想通貨ではなく、FX(外国為替証拠金取引)や不動産に関連していると言われています。報告しかし、危険な投資の話に巻き込まれないようにするにはどうすればよいでしょうか。

金融教育の向上を目的として金融教育の普及に取り組む一般社団法人。日本金融教育振興協会代表取締役の横川楓さんに聞いてみました。

横川楓

「あなたが信頼できる知人であっても、個人にお金を預けることは非常に危険です。」

—全体像はまだ解明されていませんが、今回の「TKO」に関する木本氏の投資問題についてのニュースはどのように受け止めていますか?

現在の状況で報告されている金額の面でも、個人間の金銭投資の会話がいかに危険であるかが明らかになったと思います。

あなたの知人がどれほど信頼できるとしても、個人にお金を預けることは非常に危険です。

-そんな「投資問題」に巻き込まれないように、何に気をつけるべきですか?

株式、投資信託、外国為替取引などに投資する場合、通常、銀行やブローカーディーラーなどの金融機関を通じて行われます。

まず、ブローカーディーラーは別の保管メカニズムを持っており、委託された資産がブローカーディーラー自体の資産とは別に保管されていれば、ブローカーディーラーが倒産しても返還されます。

また、何らかの理由で返品が困難な場合は、お一人様1,000万円までのシステムがあります。

ただし、個人の場合、そのようなルールはありません。 まず第一に、問題が発生したとしても、法的措置を講じない限り、個人を通じた投資は補償されないことを認識する必要があります。

投資したい場合は、必ず金融機関を通じて運営してください。

-岸田文雄政権が「貯蓄から投資へ」を提唱しているように「投資」が注目されているように感じますが、この「投資問題」のニュースから何を学べばいいのでしょうか。

SNSなどを見ても「この投資商品や仮想通貨を買えば絶対利益!」などの話題が出てくるかもしれません。

多くの人が「お金を稼ぐ」と言って話したいと思うと幸せになれますが、投資を失うリスクは常にあり、投資は重要です。 あなたがあなたが余裕があると思う余分な資金でこれをしなければならないことを覚えておいてください。 失う。

..

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*