佐久間大介がスノーマンの「パーティータイム」「別れてごめんなさい」の様子を明かす-モデルプレス

スノーマンの佐久間大介が、文化放送「スノーマン佐久間大介の待ち合わせ、無理、タフ…」(毎週土曜日午後8時から)でメンバーの「パーティータイム」の様子を語る。

佐久間大介がスノーマンの「パーティータイム」を明かす

この日、先日放送された日本テレビネットワーク協議会の夏の音楽祭「THE MUSIC DAY 2022」で、スノーマンが3枚目のシングル「Grandeur」を生演奏したという話がありました。 佐久間さんは「公の場で踊ってから久しぶりなので、お客さんが少なくて、お客さんの前で演奏するのがとても楽しかったです。みんないつもの2倍の動きができました。 。私は幸せだった」と語った。そして、久しぶりに公の場での公演に満足した。

そして、「情熱が強すぎたと思います。ズボンの股間がズボンをはぎ取られて、ちょっと 『パーティータイム』でした。みんなに使えるお話です(笑)」。 そして露出。 ファンやスノーマンのメンバーは、パフォーマンス中に衣装をはぎ取るのは「パーティータイム」と呼ばれていると言います。 「雪だるまは踊りが激しいので、都心で育った宮舘涼太という貴族がいます。宮舘涼太はズボンの股間をしゃれますが、動きが強すぎます。かつて、岩本輝は珍しかったです。珍しい感じで、とてもワクワクしました。「タイムパーティー」のような状況でできたらいいなと思います。

すると、「これを言ったから言った」と笑いながら、「ごめんなさい、ごめんなさい(笑)」と冗談めかしてラジオで謝罪した。 「これを聞いたら、後で連絡します」と彼は言った。 (Modelpress編集部)

情報:日本文化放送

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*