中国の「制御不能なロケット」がフィリピン近海に落下し火の玉の画像がネット上に多数投稿、「中国は無責任」とNASA – GIGAZINE



2022年7月下旬に地球に落下そのように予測された中国のロケットが7月31日に西フィリピン海に着陸したことが判明した. NASA は、中国が情報を共有しておらず、スペースデブリの管理に責任を負っていないと非難している。

中国のロケット残骸に関するNASA管理者の声明ポット
https://www.nasa.gov/press-release/nasa-administrator-statement-on-chinese-rocket-debris

宇宙から落下する中国の暴走ロケットからの巨大な破片を激しいスカイウォッチャー ビデオでご覧ください。 スペース
https://www.space.com/china-rocket-debris-reentry-skywatcher-videos

中国のロケット:ロケットの破片がインド洋上空で大気圏に再突入、米国宇宙軍はCNNを発表
https://edition.cnn.com/2022/07/30/world/china-rocket-debris-enters-atmosphere/index.html

アメリカンスペースコマンド中国の長征 5B ロケットが 2022 年 7 月 31 日 10 時 45 分(日本時間 1 時 45 分)、米国山岳部標準時でインド洋上空に再突入したと 7 月 31 日に発表しました。 確認済み”。出版物インド洋から大気圏に突入したロケットの一部は、その後、フィリピン南西部のパラワン島付近に落下。報告されています。


ロケットが着陸したのは夜だったので、マレーシアなど着陸地点に近い地域では火の玉が夜空を照らす光景が多く見られました。ソニックブーム彼は聞いたと言った証言もあります。

#磁器:長征5B Y3ロケットの上段の破片(#CZ5B) で大気圏に再突入しました。 #スールー 119.0°E、9.1°N 付近の海域で、再突入時にほとんどのコンポーネントが燃え尽きました。 pic.twitter.com/StX0QDmYiA https://t.co/WgrJXtD7dX

— Wᵒˡᵛᵉʳᶤᶰᵉ Uᵖᵈᵃᵗᵉˢ???? (@W0lverineupdate)


今回落下したのは、中国が2022年7月24日に打ち上げた長征5号B型ロケットの「コアステージ」と呼ばれる重さ20トンを超える第1段の推進剤の大部分。 大部分は大気圏に突入した時点で燃え尽きたと推測されますが、アメリカの航空宇宙企業であるエアロスペース コーポレーションのスペース デブリ研究所によると、「5.5 ~ 9.9 トンの破片が再突入に抵抗し、地上に到達します」 . 予告した。

NASAのビル・ネルソン長官は、東南アジアの人々の頭を通り過ぎたほど大きな塊の余波を受けて、「宇宙を使用する国々は、地球上の人々の生命と財産を破壊するために、宇宙空間への物体の再突入を許可すべきではありません。 “。 「スペースデブリのリスクを最小限に抑え、その運用における透明性を最大化する必要があります。スペースデブリに関して、中国が責任の基準を満たしていないことは明らかです。」

彼はまたツイートした:「中国は長征5号Bロケットが地球に落下したときの特定の軌道情報を共有しなかった.宇宙を利用するすべての国は確立されたベストプラクティスに従わなければならない.この種の情報は積極的に共有され、役割を果たす必要がある.信頼できる予測」。 特に、長征 5B ロケットのように人命や財産を失うリスクが高い破片が危険にさらされる可能性があります。重量物ロケットますます」と語った。

中華人民共和国は、長征 5B ロケットが地球に落下したときの軌道に関する具体的な情報を共有しませんでした。

すべての宇宙開発国は、確立されたベスト プラクティスに従い、この種の情報を早期に共有して許可するようにする必要があります…

—ビル・ネルソン (@SenBillNelson)

この記事のタイトルと URL をコピーします。

関連記事
20トン以上の中国製ロケットが数日で「制御不能」に陥る – GIGAZINE

中国の長征5Bロケットが「制御不能状態」で地球に落下する見込み、現在位置はこちら – GIGAZINE

中国が発射したロケットの一部が学校近くに落下、有毒なオレンジ色の煙が立ち上る ​​- GIGAZINE

インド洋に落下した中国の「長征5号B」ロケットをNASAが非難する声明を発表 – GIGAZINE

中国の長征5号Bロケットモーターがニューヨーク上空を滑空して落下、重さ約20トンと過去30年で最大のスペースデブリ – GIGAZINE

中国の長征3号Bロケットの推進剤が民家に直撃、有毒燃料が飛散したと報じられる – GIGAZINE

制御不能な宇宙ステーション「アマング1号」が間もなく地球に落下 – GIGAZINE

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*