リサイタル会場のみんながびっくりしました…「ニュークラウン」大幅な変化に隠されたトヨタの「野望」4種類の開発の真の原因である驚くべきデザインは「これ」| プレジデントオンライン

トヨタ自動車は7月15日、世界初の完全モデルチェンジとなる新型「クラウン」を発表し、注目を集めている。 自動車業界に精通したブランド・マーケティングコンサルタントの山崎晃氏は、「トヨタのハイエンドから生まれた新しいモデルだけでなく、トヨタの野心は新しいクラウンに隠されている」と語った。

豊田章男トヨタ自動車会長

写真提供:トヨタ自動車株式会社、写真撮影:三橋仁

7月15日に幕張メッセで開催された新「クラウン」の除幕式で、トヨタ自動車の豊田章男社長が世界初の紹介を行いました。

「SomedayCrown」から40年…

クラウンはモデルチェンジを経て16代目となりました。 新クラウンには4種類のラインナップがあります。

デザインは、クラウンの伝統的な伝統とは完全に異なり、リサイタルの代わりにいたすべての人唖然あぜんそれはやるべきことでした。 私自身、広告会社で10年以上コミュニケーション企画に携わっていましたが、固定観念に悩まされていました。

クラウンは1952年に当時の豊田喜一郎社長が夢見ていた本格的な乗用車の実現を目指して開発を開始し、1955年にトヨタ初の本格的な乗用車として戦後発売されました。 今日の日本車の歴史が最も長い自動車ブランドです。

1989年にレクサスが誕生するまでは、トヨタの量産車のトップに位置し、日本を代表する高級車として日本人に憧れ、「いつの日か王冠」として知られるようになりました。 この「いつか王冠」は広告のタグラインですが、実際の着用者へのインタビューで登場した言葉のコピーです。

その豪華さと地位から、バブル時代に大人気となり、1990年に最高潮に達したとき、年間20万台以上の販売を達成しました。 質も量も日本を代表する高級車でした。

新しいクラウンクロスオーバーRS「アドバンスト」

トヨタ自動車株式会社の写真提供

ニュークラウン「CROSSOVERRS」アドバンスト「」

最高の車はやがて老人をイメージした車になります…

しかし、バブル経済が崩壊した後、販売台数は徐々に減少します。

ユーザー数の多いモデルのみ、ユーザーフィードバックに基づく開発によりモデルの変更を継続しました。 その場合、Crownに転送するユーザーは何年にもわたって年齢を重ねます。

このような開発姿勢により、既存利用者数はそれほど減少しないが、新規利用者は入場せず、代用としては見栄えの悪い高齢者のイメージのモデルとなっている。

若返りのため、ハンドリング性能を向上させ、少しスポーティに見せましたが、既存ユーザーの確保もマーケティング上の重要な課題であるため、セダンのフォーマルなボディ形状を踏襲し、デザインも「クラウン-形」。 “。それは残っています。

その結果、新規ユーザーの獲得には至らず、2018年に発売された第15世代は発売初年度でも約5万台しか売れず、昨年(2021年)には2万台以上に達しました。単位。 私は落ち込んでいました。

..

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*