マツダ、「MAZDA3」「CX-30」の一部商品改良 マイルドハイブリッド「e-SKYACTIV G 2.0」などを搭載した車両構成 – Car Watch

MAZDA3 FASTBACK 20S プロアクティブセレクトツーリング(2WD)

マツダは8月4日、部分改良型「MAZDA3」と「CX-30」の予約受付を開始した。 価格はMAZDA3が228万8000円~384万2280円、CX-30が245万8500円~391万5980円。 MAZDA3は9月末以降、CX-30は8月末以降に発売予定。

MAZDA3、CX-30の一部製品グレードアップでは、マイルドハイブリッドシステム「M Hybrid」を組み合わせた「e-SKYACTIV G 2.0」を搭載した車両を構成し、従来の直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」を「e・スカイアクティブG 2.0」。

マイルドハイブリッドシステム「M Hybrid」と組み合わせた「e-SKYACTIV G 2.0」

その結果、MAZDA3は「SKYACTIV-G 1.5」「e-SKYACTIV G 2.0」「SKYACTIV-D 1.8」「e-SKYACTIV X」の4つのパワートレインラインナップとなり、CX-30は「e-SKYACTIV G」となった。 2.0」。 」、「SKYACTIV-D 1.8」、「e-SKYACTIV X」。

e-SKYACTIV G 2.0は、同社独自のマイルドハイブリッドシステム「M Hybrid」を組み合わせることで、減速エネルギーを回生して電気エネルギーとして利用するほか、発進時にエンジンをアシストすることで環境性能や走りの質を向上させる。 現行モデルと比較して、WLTCモードの燃費(国土交通省検定値)が約0.6km/L向上。 エンジンの発進や走行をモーターがアシストし、騒音や振動を低減します。 乗り心地や運転操作の質が向上し、走る楽しさが進化したとのこと。

MAZDA CX-30 XD プロアクティブセレクションツーリング(2WD)

MAZDA3 SEDAN 20S インテリア プロアクティブツーリングセレクション

MAZDA CX-30 XDプロアクティブツーリングセレクションのインテリア

また、モデル体系を見直し、「e-SKYACTIV G 2.0」「SKYACTIV-D 1.8」搭載車の上位グレードを「プロアクティブツーリングセレクション」に集約し、高級感のある内装を施した。 自動防眩ミラー(フレームレス)を採用。 インテリアの質感を向上。 また、「プロアクティブツーリングセレクション」に本革インテリアをメーカーオプションとして設定。

MAZDA3 バーガンディレザーパッケージ インテリア

MAZDA3 ブラックレザーパッケージ インテリア

CX-30 ホワイト レザー パッケージ インテリア

CX-30 ブラック レザー パッケージ インテリア

MAZDA3はバーガンディレザーパッケージとブラックレザーパッケージの2種類、CX-30はホワイトレザーパッケージとブラックレザーパッケージの2種類。 ユーザーの好みに合ったオプションを提供します。

.

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*