フェルナンド・アロンソ「タイヤ管理は決勝で重要な要素です」/アルピーヌF1チームがフランスF1グランプリに出場[F1-Gate.com]

フェルナンド・アロンソ

フェルナンドアロンソ(アルピーヌF1チーム)は、2022年のF1ラウンド12フランスGPの予選を7位で終えました。

フェルナンド・アロンソは初日、フリープラクティスでトップ10の外で苦戦していましたが、土曜日に回復して第3四半期に進み、力を発揮しました。

「これまでのところ厳しい週末でしたが、7日は明日から始めるのに良いポジションです」とフェルナンド・アロンソは語った。

「クルマのバランスに満足できなかったので、週末を通して頑張った。昨日はロングランがかなり強かったので、明日は勝てるのか見てみよう」

「タイヤは過熱していてざらざらしているので、管理が大きな要因になり、暑さの中で本当に挑戦的なものになるでしょう。」

「ピットレーンでの時間のロスもチャンピオンシップで最も高いレースの1つなので、明日はワンストップ戦略が理想的ですが、それが可能かどうかを確認する必要があります。雰囲気は素晴らしく、地元のファンはそれを気に入っています。たくさん。私は愛を感じました」

フェルナンドアロンソアルピーヌF1チームフランスGP

このエントリをはてなブックマークに追加します

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / フランスF1GP / 高山

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*