ピエールガスリーQ1が「すべての低速コーナーを滑る」を破った/スクーデリアアルファタウリF1フランスGP予選[F1-Gate .com]

ピエールガスリーQ1敗北

ピエールガスリー(スクーデリアアルファタウリ)は、2022年のF1ラウンド12フランスGPの予選で16位でフィニッシュしました。

新しいパッケージの導入により、ピエール・ガスリーは初日にフリープラクティスでトップ10にランクインし、Q3に進むことが期待されていましたが、13位でFP3を終えたとき、予選ではわずか0.016秒でQ1を逃しました。 そしてそれは16でした。私はセッションを終了しました。

「ホームレースだったのに、第2四半期の前進を数百分の1秒逃したことに非常に失望している」とピエール・ガスリーは語った。

「昨日は確実にトップ10に入った。まだスピードの余地はあったが、今日はFP3が昨日のように機能していなかったので苦労した。やりたい」

「予選は競争力がなかった。スピードが足りなかった。今のところ原因はわからない。ラップはきれいだったが、クルマはすべてのスローコーナーを滑った。明日は別の日なので、別の日を準備する戦略。」。

「決勝戦ではチャンスが増え、失うものは何もないので、失われた土地を埋め合わせるために最善を尽くします。 誰にとっても長くてつらいレースになると思いますが、頑張っていきたいと思います。 レースは私にとって最高の気分なので、チームに最高のパフォーマンスを見せたい」と語った。

ピエールガスリースクーデリアアルファタウリF1フランスGP

このエントリをはてなブックマークに追加します

カテゴリー: F1 / ピエールガスリー / フランスF1GP / アルファタウリ

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*