バイデンのコロナ治療は、医学の進歩、トランプ-ブルームバーグ感染からの転換を反映しています

米国のジョー・バイデン大統領は21日、新しいコロナウイルスの検査で陽性を示しました。反応を見ると、トランプ前大統領が感染した2020年10月以降、ウイルスと治療方法がどのように変化したかがわかります。

バイデン氏は、ホワイトハウスで自己検疫を行いながら、ファイザーの薬「パキロビッド」を服用している。 パキロビッドは、悪化のリスクが高い患者さんによく見られる治療法です。

対照的に、トランプ氏が感染したとき、最良の治療法が求められ、重症度と死亡率は現在よりもはるかに高かった。 3日間入院したトランプ氏は、当時アメリカ人が影響を受けた場合に予想される最高レベルの治療を受けましたが、彼が受けた抗体カクテル療法はまだ臨床試験中でした。 彼はまた、ステロイドデキサメタゾンと抗ウイルス薬レムデシビルを受け取りました。

当時、新しいコロナワクチンが開発される前は、米国食品医薬品局(FDA)によって承認された薬はありませんでした。 トランプとバイデンの治療法の違いは、変異したウイルスと医学的反応の変化を反映しています。

現在流行している「BA.5」などのオミクロン株の派生株は、強い感染力を持っていますが、死亡率はかなり低く、症状は軽度である傾向があります。 バイデン氏は4回ワクチン接種を受けており、79歳で健康です。

オハイオ州立大学ウェクスナー医療センターの感染症専門医であるモハマド・マーディ・ソブハニーは、他のウイルス性呼吸器感染症と同様に、新しいコロナでは「早期治療が鍵となる」と述べています。 バイデンのように、陽性と診断された直後にワクチン接種と治療を受けた場合、「入院する必要がなくなり、他の重篤な合併症が回避される可能性がはるかに高くなります」と彼は述べた。

元のタイトル:

バイデンのコビッドケースは、トランプの事件以来、治療がどのように変化したかを示しています(エキス)

..

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*