ドラフトトップ候補の右腕、左腕が集結! 高校野球ドットコム

展望コラム・大会概要

ドラフトメイン候補の右腕、左腕が集結! 第104回甲子園はドラフトとしても注目の大会

田中はるや

トーナメント表
甲子園サマーコンビネーション

関連記事
ダントツ優勝候補の大阪桐蔭の魅力とは? 大阪桐蔭に対抗できる8人の優勝候補
104 全国大会 47都道府県大会一覧
甲子園注目選手

大会詳細と応援メッセージ
第104回全国高校野球選手権大会

第104回全国高校野球選手権大会(甲子園)が開幕。 今回は注目の投手陣を紹介したいと思います。

日本文理の田中は果たして期待通りのパフォーマンスを発揮できるのか?

まず、圧倒的に注目される原案は日本文学from (新潟)田中はるや投手(3年)。 この夏最速の150kmストレートを設定。 145キロ前後の速球を安定してコントロールできるようになり、鋭く変化のあるボールを出し入れしながら投げることができるようになりました。

結果を見ると、まだ圧倒されていない部分もあります。 最初の対戦相手、ヒトデ(長崎)は圧勝を誇るチームで、抑えきれれば評価が一気に上がる。

 富島(宮崎) ・日高渥美ピッチャー(3歳)は、素材で言えば大会でもトップクラス。 184cm、77kgのスレンダーな体型だが、ダイナミックなリリースフォームから投げる140kmの後半速球は伸びがあり愛らしい。 今大会で大抽選会ができれば、活躍が期待できる。

大阪桐蔭川原次孝ピッチャー(3歳)は身長188cm後半の140キロの直球と多彩な変化球。 昨年はスローとスピードを活かした投球をテーマに投手として成長。 調子がいいときは後半に時速90マイルの速球を投げるので、甲子園でも同様の投球を見せてくれると期待している。

 ヒトデ(長崎)から宮原明也ピッチャー(3年)は182cm90kg、投げる速球は140~145kmで十分威力がある。 130kg台のカットボールの精度も高学年レベル。 いきなり日本文理の田中とピッチングデュエルとなるが、ハイレベルなピッチングデュエルが期待できそうだ。

そしてなにより忘れてはいけないのが近江山田晴人投手(3年)。 最高速149キロの速球と多彩な変化球はスプリング以上に威力があり、甲子園で大きく評価が上がる可能性がある。 柴本麟平投手(所属)は反動の多いフォームが特徴で、140km後半の速球が異様に強い。 今回の大会で評価を大きく上げることができるでしょうか?

 和歌山知恵竹本一樹ピッチャー(3歳)は最高速149キロのパワフルな直球を持ち、スライダーやスライスボールもキレる。 打者としては高校時代に20本塁打を放つ実力を持つ。港南(沖縄) ・幾森あゆたダイナミックな打ち出しのフォームから最大147キロの速球を放つピッチャーも魅力。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*