ドイツの原発廃止計画、稼働延長は「合理的」 首相 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News

ベルリン(AFP)-ドイツのオラフ・ショルツ首相は火曜日、ロシアのエネルギー供給の減少を相殺できるエネルギー源を確保するために急いでいる中、国内に残っている原子力発電所を運転すると述べ、継続することは「合理的」であると述べた。
 
首相は、「ドイツのエネルギー供給に関して言えば、最後の 3 つの原子力発電所は発電に関してのみ存在し、それらはごく一部にすぎません。それは合理的だと思います」と述べました。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*