テクノロジー 日産が復活 新しい推進システムを搭載した新型エクストレイル登場 | エンジン | 車、時計、ファッション、男性のライフスタイル手段

ニッサン エクストレイルがフルモデルチェンジ。 2000年に初代が誕生して以来、現行モデルは4代目。 歴代モデルからの「頑丈な装備」のテーマを受け継ぎながら、従来モデルよりもさらに上質なモデルを目指しました。 また、エンジンをはじめとするパワートレインに新しいアイデアを導入することも重要です。

ワイルドで上質なエクステリア。

エクステリアはロングルーフのオーソドックスなSUVスタイルだが、クロームパーツの効果的な配置や前後フェンダーを際立たせるシャープなキャラクターラインなど、上質さとワイルドさをうまくミックスしたスタイリングとなっている。


特徴的な2段式ヘッドライトを採用

フロントにはV字型のグリルとバイレベルのヘッドランプユニットがあり、上部に位置信号と方向指示器、下部にメインライトがあります。 テールライトのインナーレンズはカットガラスの発想で加工。 全長4660×全幅1840×全高1720mm、ホイールベース2705mm ボディサイズは前モデルとほぼ同じ。 ホイールベースは同じです。

インテリアはフローティングタイプのセンターコンソールを採用。 インパネとセンターディスプレイは12.3型、ヘッドアップディスプレイは10.8型を設定。

座席は3列に配置されています。 2列目シートは前モデルより20mm長い260mm前後スライド可能で、リクライニング機構を装備。 シート表皮には、クロスに加え独自開発の素材「テイラーフィット」を採用し、ソフトレザーの感触をよりソフトレザーに近づけました。 トランクルームの積載量はクラス最高と言われています。

日産初の量産可変圧縮比エンジン

パワートレインには、日産が日本で初めて量産化に成功した可変圧縮比エンジン「VCターボ」を発電に用いたエンジン駆動の「e-power」を採用。 ちなみに、北米市場にはモーターのみのモデルもラインアップされているが、日本仕様は駆動用モーターを搭載したe-powerハイブリッドシリーズのみ。

1.5リッター直列3気筒ターボエンジンは、圧縮比を8:1から14:1まで可変。 これは、1.5 ~ 2.8 リットルの排気量に相当します。 出力は144ps/250Nm。 駆動モーターは前輪204ps/330Nm、後輪136ps/195Nmを4WD車に搭載。 駆動力と制動力を緻密にコントロールする「e-4ORCE」を採用することで、さまざまな路面状況に対応する走りと、快適性を損なわない回生ブレーキ作動を実現。

新しいプラットフォームで旅行をより快適に

新プラットフォームの採用により、ボディ剛性は前モデル比40%アップ。 フロントサスペンションは 55% 硬く、リアは 10% 安定性が高く、ステアリングは 50% 硬くなっています。 これらの改良により、操縦安定性と乗り心地の向上を目指しました。

また、ホームのリニューアルに伴い、遮音面のデザインも一新。 また、フロントドアに防音ガラスを採用し、エンジンの運転頻度を下げる制御を採用することで、静粛性を向上させました。

ラインアップは「S」「X」「G」の3タイプで、全グレードに1モーター前輪駆動と2モーター4WDを設定。 また、3列7人乗りは「G」4WDのみの設定。 価格は319万8800円から449万9000円。

Text by 関浩一郎

(オリジナルWEBエンジン)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*