セントルイス連銀は早期の利上げを支持し、連銀の信頼を高める

セントルイス連銀のブラード総裁は、大幅な利上げを「前倒し」する戦略を支持した。 彼はまた、約40年間で最高のインフレを抑制するために、年末に政策金利を3.75%から4%の間に設定することが望ましいという彼の意見を繰り返した.

「金融政策がハト派的なレベルに達するまでには、まだ長い道のりがある」と彼はCNBCとのインタビューで述べた。 「今春のインフレ指標の上昇を考えると、私の見解は[la tasa de política]年末までに 3.75% から 4% になるはずです。 「私は早期の利上げに賛成しており、これによりインフレとの闘いにおいて信頼性が高まると考えています。」

金融・金融政策会議2019

ブラード大統領

出典:ブルームバーグ

ブラードを含む数人のFRB議長は今週、インフレはまだ減速していないと強調し、FRBが引き締め局面で積極的でなくなっているという憶測をかわした。

ブラード氏はインタビューで、「われわれの政策が十分に良いと感じられるためには、すべてのインフレ指標が、ヘッドラインとコアの両方で、納得できるほど低下しているという説得力のある証拠を確認する必要がある」と述べた。

さらに、インフレ率の減速が広範に見られるようにするには、政策金利を「より長い期間、より高い水準に」維持する必要がある可能性が高いと付け加えた。

米国経済は現在不況に陥っていない、と彼は述べた。 「今年上半期の雇用の伸びを考えると、景気後退に陥っているとは言い難い」と述べた。

米国経済は 2 四半期連続で縮小。

元のタイトル:ブラードは、FRBの信頼性を高めるために早期の利上げを促します(エキス)

.

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*