ストレージサービスへの接続不良が原因で「MicrosoftTeams」がクラッシュ–CNETJapan

Microsoftによると、最近の展開には、多数のユーザーがさまざまなMicrosoft 365アプリに数時間アクセスまたは使用できなかったため、「内部ストレージサービスへの接続不良」が含まれていました。

Microsoft Teams

サービスの停止は7月20日の夕方に始まり、7月21日の朝まで続きました。MicrosoftTeams、Exchange Server、Microsoft 365管理センター、Yammer、Microsoft WordなどのOfficeアプリケーションは、速度低下とアクセス不良の影響を受けました。 また、「MicrosoftManagedDesktop」などのサービスは自動パッチを適用できなくなりました。

同社によれば、21日の朝現在、ほとんどのサービスが復旧しているが、一部のサービスにはまだ問題があるという。

その会社は同じ日に言った。ツイッターに以下を投稿しました..

最近の展開に内部ストレージサービスへの接続不良が含まれていたため、影響が発生したと判断しました。 トラフィックを適切なサービスに転送することで、影響の軽減に取り組んでいます。 詳細については、管理センターのTM402718を参照してください。

「まだ注意が必要ないくつかのサービス機能を除いて、サービスの可用性はほぼ回復しています。残りの作業が完了するまで、サービスを監視し続けます。」

その後、Microsoft 365サービスのステータスページに、問題が解決されたことが示されました。

同社によれば、影響を受けるサービスは次のとおりです。

  • Microsoft Teams(アクセス、チャット、会議)
  • Exchange Online(電子メールの送信の遅延)
  • Microsoft 365管理センター(アクセス不可)
  • 複数のサービス用のMicrosoftWord(ロードできません)
  • Microsoftフォーム(Teamsからは利用できません)
  • Microsoft Graph API(このAPIに依存するサービスが影響を受けている可能性があります)
  • Office Online(Microsoft Wordへのアクセスの問題)
  • SharePoint Online(Microsoft Wordへのアクセスの問題)
  • オンラインプロジェクト(アクセス不可)
  • PowerPlatformおよびPowerAutomate(データベースを含む環境を作成することはできません)
  • Microsoftマネージドデスクトップ内の自動パッチ
  • Yammer(Yammerを使用した実験への影響)
  • Windows 365(Cloud PCはプロビジョニングできません)

同社はMicrosoft365サービスのステータスを更新し、次のように述べています。「現在のステータス:テレメトリに基づくと、ほとんどの地域でサービスの可用性は99%を超えています。一部の英国のユーザーは、MicrosoftTeamsの特定の機能の影響を受けている可能性があります。今後も継続します。残りの影響に焦点を当てた完全な回復と緩和策を監視し、取り組むこと。」

この記事は海外のレッドベンチャーズからです論文朝日インタラクティブが日本向けに発行しました。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*