「BA.5」爆発的な感染拡大に対して効果がない岸田政権は、「感染拡大は避けられない」という方針に本当に同意しているのだろうか。 (1/4)| JBpress

「感染の拡大は避けられない」という方針を持つことは本当に良いことでしょうか?

「第7波」で新たなコロナ感染が広がる中、マスクをかぶった人々が東京の交差点を横切る(2022年7月25日、写真:AP /アフロ)

(筆坂秀世:元参議院議員、政治評論家)

7月の初めから、新しいコロナウイルスはオミクロン株の「BA.5」誘導体に置き換えられ、感染は爆発的に拡大しました。 それは彼が第7の波に入ったことを意味します。 しかし、岸田文雄首相は「行動を制限しない」「取り締まる」と続けている。


行動制限が感染の抑制に効果的であることは明らかです。 そのため、緊急申告や拡散防止などの優先措置を何度も講じ、行動を厳しく制限してきました。 新しいコロナウイルスによる感染は人と人との接触によって広がるため、これらの対策がどれほど効果的かわからなければ、他に何もすることはなかったようです。 中国での封鎖は、日本よりもはるかに厳しい行動制限を課しています。

「BA.5」は、以前のオミクロン株の1.5倍以上の感染性があると言われています。 株が流行しているときに行動制限を課さないので、感染が爆発的に広がることは理にかなっています。

日本経済では、円安やロシアのウクライナ侵攻など、人々の生活に大きな影響を与えていることから、原油や食料品の価格が高騰しています。 このような場合、新しいコロナウイルスが強い行動制限を課すと判断することは不可能です。 言い換えれば、行動を制限しないことは「感染の拡大は避けられない」と同義であり、それが岸田内閣の方針です。 そのような裁判は政治裁判として可能です。


..

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*